ワインボトルとワイングラス

当店のワイン選び

私が好きなワインのタイプ

上質な酸味」と「ほのかな自然な甘み」を感じるワインが好き。

赤ワインはこれに加えて「ジューシーな果実味」と「しっとり、なめらかなタンニン」を感じるものが好きです。

まやかしのないワイン

「愛情を持って、丁寧に育てられたぶどう」を感じるワインを選んでいます。

そんな良いぶどうを使うなら、ワイン造りにも手抜きはないはず。

まやかしなく造られたワインは、どなたでも素直に「美味しい!」と感じます。お客様の様々な好みも考えて選びますが、まずは「品質ありき」です。

グラスワインで世界旅行

ワインは世界中で星の数ほどつくられていて、その土地の歴史・文化・思想などがワインに現れます。

グラスに注がれた美しい液体の旅路をいろいろ想像すると、世界旅行やタイムスリップができます。

飲み頃のワインは美味しい

瓶詰めされたあと、ワインはゆっくりと変化していきます。

「香り」「味わい」「余韻」のバランスが、そのワインのピークに達した頃合いを『飲み頃』といいます。

さらに私の個人的な好みですが、「ピークに達するちょっと前」のワインを選ぶようにしています。

そのような時期のワインは、グラスに注いだ時「一番イイトコ」を楽しめるように思います。

ボトルから注がれ様々な表情を見せる

ボトルでご用意しているワインは、上記のような基準のほかに、栓を開けた瞬間から飲み干すまでの「変化を楽しめるワイン」を選んでいます。

Shinada, Hironobu (Sommelier, Wine Bar FERMATA)


お問合せ・ご予約はこちらからどうぞ!

(お電話受付時間:営業時間内)

気に入っていただけましたか? シェアをお願いします!