日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか

読了『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』

『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』。

一般庶民のワタシに、関係あるような無いようなタイトルですが。

読んでみると、かなり興味深い内容でした。

***

要するに、「ワインの価値」がどのようにして生まれるのか、という本です。

ロマネ・コンティに限ったことではありませんが、「なぜワイン1本に何十万ものお金を出すの?」という疑問に答えています。

一流のオークション・ハウス「クリスティーズ」で働く著者がその実体験から、「プレミアムワイン」とはどのようなものなのかを、ワインの歴史やエピソードを交えてわかりやすく紐解いています。

タイトルの「なぜ日本のロマネ・コンティがまずいのか」については、割とあっさり答えを出してしまっていて、特に驚きはありませんでした。

***

「ロマネ・コンティ」も「シャトー・ペトリュス」も、名ばかりの高級ワインではなかったのですね。

時に人生を変えるほどの力を持っている、本当のプレミアムワインだったんですね。

ワインの価値の本質や楽しみ方を知らずして、本物を手にすることも感動することもできない。

この本は、このことを教えてくれましたよ。


『日本のロマネ・コンティは なぜ「まずい」のか』

渡辺順子 著
幻冬舎ルネッサンス新書
838円+税

また読みたい度 ★★★★☆(4/5)

気に入っていただけましたか? シェアをお願いします!