愛用のソムリエナイフ

技術って人柄です

接客はテクか、ハートか。

ワタシが駆け出しのフードサービスマンだった頃、上司に訊ねたことがあります。

「接客って、テクニックですか?それともハートですか?」

その上司はためらわず、

「テクニックですよ」

と言いました。

その時は、まぁそんなものなのか、と納得していたのですが、今はその意味が良くわかります。

 

技術って人柄です

以前、ある大手電機メーカーのCMキャッチコピーだったと思いますが、

『技術って、人柄です』

というのがありまして、ワタシの好きな言葉のひとつなんです。

おもてなしの心と技術を学ぶには、大変時間がかかります。

ですから、まずは先人の知恵・おもてなしの心の表現が蓄積された「接客技術」を徹底的に教わるのです。

そうすれば、新人でも最低限の接客はできますよね。

お客様とのやりとりの中での失敗や喜びの経験を通じて、技術の本当の意味合いをその人なりに裏付けし、接客を磨いてゆきます。

それが「その人の接客」になるのです。
そうして同時に、人格も磨かれていくのです。

ですから、技術と人柄は相反するものではなく表裏一体、「技術は人柄の蓄積」であり「人柄は技術の蓄積」なんですね。

あ、先程の上司はこうも言っていました。

「接客技術っていうのは“その人そのもの”なんですよ」