平杯で日本酒を飲む女性

感謝を言葉で伝えたい

十年前、私が30歳の時のことです。

とある三重県の女性蔵元さんが、私が店長を務めていたお店にご来店された時のこと。

その方がつくった純米酒に私がお燗をつけることになりました。一升瓶ごと湯煎する、いわゆる「瓶燗」です。

お酒をお出ししてからややあって、彼女がつくった別の純米酒の瓶にもお燗をつけてお出ししました。

すると、その蔵元さんが「お燗をつけた人に会いたい」と言っているというので、私は客席に出ました。

彼女は私の手を握り、

「私が一生懸命につくったお酒を、こんなに美味しくしてくれてありがとう。本当にありがとう」

と、目に涙さえ浮かべおっしゃったのです。

お話をきくと、お燗の温度の適切さだけではなく、一度目と二度目の温度の違いに感動したというのです。

そしてお帰りになる時に「もう一度あの人にお礼を言いたい」と私を呼び、お礼を言ってくれました。

私がどんな気持ちになったか、言うまでもないでしょう。本当に嬉しかったです。

***

お客様に感動してほしいから、私はいつでも誠心誠意、お燗をつけます。

でも、そのとき知りました。もうひとつ人に感動を与える方法があることを。

感謝の言葉をプレゼントできる人。

そんな人に 私はなりたい。

 

Hironobu Shinada (Sommelier)