収穫を待つドルンフェルダー(黒ぶどう)

ワインのぶどう収穫手伝い日記

初めてワインぶどうを収穫

先日、洞爺湖畔の『月浦ワイン』さんのぶどう畑で、収穫のお手伝いをさせていただきました。

初体験です。仕事明けの眠い目をこすって朝8時に集合!

 

雨の中の作業

午前中はあいにくの雨...。

曇天の洞爺湖

雨に濡れたぶどうは腐りやすいので収穫できないのです。

そこで、本格的に摘む前の準備として「腐れ」(腐ったり傷んだりしている実のこと)取りをすることになりました。

いざミュラートゥルガウ(白ぶどう)の畑へ!

土砂降りの中、先の細い鋏を使って、腐れを取ります。

ワインぶどう収穫用の先の細いハサミ

言葉でいうのは簡単なのですが。

合羽もだんだん雨がしみてきて、パンツまでびしょ濡れ...。

ミュラートゥルガウは果実同士が密着しているため、風通しの悪く「房の内部の果実」にカビが生えやすいのです。

ですから、房の内側にそおーっと先の細いハサミを入れて・・・おっと、ほかの実を傷つけてはいけません。

これを雨の中で3時間以上もやっていると、私のような軟弱なソムリエは気が狂いそうになります。

途中お日様が顔をだすと、「神様ぁーっつ!」っと叫びたくなりました。

 

午後はドルンフェルダーの収穫

晴れた洞爺湖と月浦ワインのぶどう畑

お昼ご飯を食べて、シャツと靴下を着替えて(パンツは替えがなく湿ったまま・・・)、雨が上がったので、いよいよ収穫です!!

ドルンフェルダー(黒ぶどう)の畑は、風通しがいいおかげで、すでに房は乾いていました。

腐れを取りながら、丁寧にどんどん摘み取っていきます。

収穫を待つドルンフェルダー(黒ぶどう)

中腰の位置にブドウの房があるので、これまた結構ハードです。他のお手伝いの方たちは手慣れたもの!

バケツに入ったドルンフェルダー(黒ぶどう)

ぶどうの実を潰さないよう、まず小さなバケツに収穫した房を入れていき、一杯になったらやや大きいカゴに集めていきます。

 

バケツはすぐいっぱいになり、バケツいくつ分摘んだだろう...ひたすら摘み続けましたー。

かごに入ったドルンフェルダー(黒ぶどう)

貴重なぶどう収穫体験

月浦ワインのボトル

さて、収穫を体験してみてわかったこと。

  • 農家の方はすごい!もう足を向けて寝られません。
  • 収穫する方たちのモチベーションは非常に高く、「手摘み」のメリットは大きい! 機械収穫ではどう頑張っても、このきめ細かい配慮はムリ。
  • このように丁寧な収穫作業は、今は結果が出なくとも、ブドウの樹齢があがったり、栽培技術が進んだりした時に、美味しいワインが造れるベースになる。
  • だから「ワインの値段が高い」のは、ちょっとだけ我慢することにする!

などなどです。

この他にも書ききれないほど発見がたくさんありました!

やはり「百聞は一見に如かず」ですね。

月浦ワインの岸本さん、誘っていただいてありがとうございました。

来年も手伝わせていただきますので、よろしくお願いしまーす!

気に入っていただけましたか? シェアをお願いします!