バイオリンと楽譜

交響曲第9番に合うワイン

昨日「第九」のコンサートに行きました。

久しぶりに生でオーケストラを聴いたことと、室蘭でこんな素晴らしい音楽イベントが行われたことに大変感動しました。

市民オーケストラと、150人はいたであろう大合唱団、そして一流のオペラ歌手4人を招いての第九は圧巻でした。

   *

しかし飲兵衛とは困った生き物で、第2楽章が始まったあたりから、真昼間にワインを飲みたくなるのです(笑)

では何を飲む??

 

イタリアやスペインの陽気なワインではないな。

オペラならシャンパーニュだが。

なにせ第九には、どこか鬱屈とした、芸術家の叫びのような暗い、しかし力強い人間臭さを感じる。

だからブルゴーニュやボルドーのような銘醸地でもない。

素直にオーストリーのグリューナー・フェルトリーナー(白ぶどう品種)にするか。

いやぁ違うなあ・・・

   *

などど勝手に考えていたのは、ほぼ満席のホールでただ私一人だったのでは(笑)

で、結論は出なかったのですが、ハンガリーの「トカイ」(極甘口の白ワイン)が合うんじゃないかなあ、と思った次第。

 

しかし仮にぴったりのワインが見つかったとしても、コンサートホールでワインを飲んでたらつまみ出されますよね!

あなたなら第九を聴きながら何を飲みますか?

気に入っていただけましたか? シェアをお願いします!